宮原選手は5位、樋口選手は6位 2017 グランプリ・ファイナル 女子フリー

2017 グランプリ・ファイナル 女子フリー、終わりました。

最終結果は、
 

 
ご覧のように、宮原選手が5位、樋口選手が6位、という結果に終わりました。
最終順位としては、私の予想は完全にはずれまして、ソツコワが、ショート、フリーともに、ほぼ失敗なく、得点積み重ねた結果、2位になりましたし、コストナーは、ショートが低すぎて、フリーのジャッジの救済も届きませんでした。
オズモンドは、案の定、フリーで、ジャンプ失敗したのは、予想当たってましたね。笑

 


 
宮原選手、最終滑走ということで、多分、2位か3位に入ってくるだろうと思っていましたが、5位、それに、得点も伸びず、TESも70行ってませんでしたから、ジャンプ何か失敗したか?って、思いましたが、ジャッジスコアー見て、納得ですね。
ジャッジ、やっと、、回転不足取りましたね…
確かにこのフリーの<刺さったジャンプ、ショートよりも酷くなってますね。
ショートも先の大会でも、回転不足とらないから、本人も反省していない証拠ですね。
最初のコンボのルッツはショートと同じで、で、セカンドなんかこれ、アンダーローテでなくて、ダウングレードでもいいようなものですよ。笑

フリップもそう。
ショートより悪くなってる。

まあ、彼女のジャンプ本来、ショートくらいでも<刺すべきものなんで、そうなりだすと彼女の得点は、本当はもっと低いんですよ。
スピンステップで補い、PCSで、稼ぐ、そんなスコアー作りの選手ですから。

変わったって言うスピン、細かく見てないので、何がどう変わったか分かりませんが、パッと見、演技自体は余り変わっていないですね。
1.5も加点貰ってますが、その割には、推進力のない、メリハリに乏しいステップかな、って思いました。

その他は、ミスなく、安定した演技でしたが、総じて他のジャンプ評価、甘めかな、とは、思いますけどね。

 


 

樋口選手は、練習で、ダメだったのが払拭できず、そのままの演技だったようですね…
これだけ失敗するのも久しぶりですね。

まあ、想像ですが、宮原選手が上がってきたのが彼女に要らぬ、プレッシャーを与えてしまったように思います。
病み上がりにもかかわらず、高得点を出している。
基本、宮原選手は、日本のエースですから、主役は、彼女に移ってしまいましたからね。

日本での試合といっても、結構、アウェー感があったりしてね。笑

演技は、ジャンプ失敗して、ちょっと緊張が切れたかな、っていう感じでしょうか。
仕方ないですね。

まあ、こういったプレッシャー、全日本ではもっと、でしょうから、これをいい経験にして、全日本、頑張って欲しいですね。

 
 

ふたりとも、お疲れ様…

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

December 9th, 2017 by gutsy | No Comments »

緊張した… けど、3A+3T成功!紀平選手 2017 ジュニアグランプリ・ファイナル 女子フリー

2017 ジュニアグランプリ・ファイナル 女子フリー、終わりました。

最終結果は、
 

 
で、紀平選手、メダルはなりませんで、4位、という結果でした。

でも、冒頭、3A+3T決め、女子フィギュア史上初のトリプルアクセルからの3回転コンボを成功しましたから、よくやりましたね…
 


 
最初、125点という数字見て、ああ、3A、2本とも失敗したんだぁー、って思って、本番に弱いなぁ、なんて思いながら映像見ましたら、あれ、冒頭3A+3T、綺麗に決めてるし、あれ?って感じでした。
技術点が67で、70いってませんから、当然、3A失敗したものと思ってましたので、ちょっと安心したんですが、勿論、3Aが1Aになってますから、ここで大きく、得点失ってますから、仕方ないんですが、それでも、何故、70いかない?って疑問で、ジャッジスコアー見て、ああ、ですね…

フリップ、回転不足取られてる。

で、映像確認しました。
確かに、これは回転不足でいいと思いますが、であれば、これを取るんであれば、やっぱり、先の宮原選手のコンボのファーストのルッツ、回転不足ですよ、明らかに。

紀平選手の3F

宮原選手のコンボ

これ、回転の話ですから、削ったかどうかは関係ないですからね。
宮原選手には加点付いて、紀平選手には、<、に減点ですからね。笑
いい加減にしろ、ですよ。

まあ、ジュニアとシニアのジャッジ見てますけど、シニアの演技へのジャッジのほうが甘いですからね。
ホント、デタラメ感が酷いですよ、シニアのジャッジは。

で、私がこうやって、宮原選手の回転不足について、強く言ってるのは、最近の宮原選手の発言に、謙虚さが感じられないのも、ありますね。
ジャンプなんか殆どクリーンでないのに、ジャンプがいい感じ、精度が上がってる、てなこと言っている。
多分、元の状態に近づいている、って言うことなんだとは、思いますが、
以前の彼女、そんなに簡単に、自分を良しとする発言なんていわなかったように思いますけどね。
もうちょっと、以前は、発言にもストイックさがあったように思いますけどね…

自分が滑れば、高得点が当たり前。
今の彼女は、そんな風に、どこかしら、軽く見ているような気がして、ちょっと、私個人的には、彼女に対しては残念な気持ちが強いですね。
勿論、疲労骨折から治療し、リハビリし、練習をしなおして、ここまで戻した苦労があるのは分かりますが、だからといって、ね…

まあ、復帰後のお祭りは、もう、終わりかなって思います、が、この辺は、私の独りよがりな話ですから、まあ、愚痴ですね。笑

 

紀平選手、演技前から、緊張感が漂っていて、冒頭コンボ決めてからも、動きが鈍いというか、身体が動いてないというか、そんな感じに見えましたね。
まあ、でも、そんな中で、3A+3Tしっかり決めるんですから、彼女の3Aは、もう、本物、彼女の武器、3回転の一つ、になりましたね。
で、そのままの勢いで、2本目も、っていって、決められないのも、今の彼女なのかもしれません。
本当はここは、転倒してもいいから、3A認定されればいいくらいなんですけどね、-4でも、4.5点ですからね。
それだけでも今より、約3.5上乗せですし、フリップも<なければ、メダルだったと思います、が、まあ、結果論です。笑

で、そんな緊張感があって、身体が動いていないところでの、フリップの<ですね。

その後は、動きも戻ってきて、ミスなく演じきったと思います。

ただ、やっぱり、3A、しかも、3回転とのコンボきめても、なお、130点行かないのは、やっぱり、ダメだと思います。
ですから、他のジャンプでの失敗はしないこと、そして、後半の3Lz+2Tは、3Tに出来ないでしょうかね。
3Tにしただけで、3点違いますから、結構大きいです。
彼女ならできると思いますけどね。

PCSは、このシリーズ中も、ジュニアは全体的に抑えられていて、点が低いです。
シニアの選手よりいい演技してる選手も、低いです。

ただ、紀平選手のこのフリーのプロは、余りPCS上がらないプロだと思います。
彼女の表現力を発揮できません。
って、Wikiで、振付師確認しましたら、フリーの振付、ジェフリー…笑
で、ショートのあの素晴らしい振付が、トムディクソン。
もう、日本選手は、ジェフリーを使ってはダメですよ。
私、前から言ってますが、彼、振付の才能ないです。

ホント、ダメ…

 
3Aは、もう、しっかり、彼女の武器になっていますが、

それでも、彼女は、一歩一歩、前進するタイプなんだと思います。
 

課題も多く見つかったシリーズだったと思いますが、

この借りはきっちり、世界ジュニアで、返させて貰いましょう。笑

 

 

 

お疲れ様でした…

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

December 9th, 2017 by gutsy | No Comments »

宮原選手 3位、樋口選手 5位 2017 グランプリ・ファイナル 女子ショート

2017 グランプリ・ファイナル 女子ショート、終わりました。

結果は、

です。

宮原選手は、74.61で3位、樋口選手は、73.26で5位、でした。

まあ、このショート、得点的には、1位が77.04で、6位が72.82、その差、4.22の中に6人いるということですから、まあ、横一線、ではありますね。

 


 
宮原選手は、まあ、可もなく不可もなく、って感じでした。
つまり、安定してた、ってことですけどね。

ただ、やはり、昨シーズンまでの彼女の演技からすると、やはり、ちょっと演技が浅い、動作が軽い、から、表現が上っ面、に感じます。
ポーズ一つ一つの決めが、弱いです。
だから何となく、見終わっても、以前のようには、何か、宮原選手の演技を観た、っていう、納得みたいな、合点がいくような、そんな感じが、ないです。

本来このプロ、振付でしたら、もう少し、雰囲気が出ててもいいように思いますが、ポーズの一つ一つの印象が弱いためか、なんか、この音楽の持つ匂いや、振付の持つ雰囲気、そして、宮原選手の個性、そういったものが、あまり、こちらに伝わってきませんでした。

控えめな彼女が内に秘めていたはずの、ギラギラした輝き、みたいのが、スーっと、なくなった、そんな感じですね。

もっと言えば、私が知っている、宮原選手ではない、です。

 
それと、ジャンプですが、まあ、評価としては、彼女のジャンプはこんなもんだろうと思いますから、妥当かな、って思いますが、やっぱりこれ、コンボ、回転不足とらないのは、ちょっと甘いですよ。
特にファースト。

足が真横で下りてる・・・笑
これ、ダメでしょ??
回転不足、厳しくしてるんじゃないんでしたっけ???

ループもね…

甘いね…

彼女、2Aでさえ、足、真っ直ぐに下りられていないし…

<、付けないんだったら、コンボの加点、この半分でしょう。

 


 
演技中に、左上の速報の評価でますが、最初彼女の演技中にそれを見ていたら、2Aの加点が、0.9とかになっていて、なに??って感じで、この2Aに、0.9は低いだろう、って、ずっと怒り心頭だったんですが、ジャッジスコアー見たら、1.00になっていて、まあ、多少は、収まりましたが、それでも、この2Aに1.00っていうのは、低いような気がしますが、他の選手の2Aも、同じくらいの出来に、同じ評価なので、まあ仕方ないかなと…

演技は、まあ大きなミスなく、ってところで、良かったと思いますが、前回中国大会のショートの70.53から得点伸ばしているのは、チェンジフットと、ステップのレベル取れて、評価が上がったからですね。
そこは課題にしてましたから、良かったと思います。

ただ、このシリーズ中取られていたフィリップの!、また取られていますが、ここは全く、改善されていませんね。
これ、ロシア大会のショートでも取られ、中国大会のショートでも取られていて、それぞれのフリーでも、私は、これまでの記事で、!取られていないけど、フリーも怪しい、って言ってきてるんですけどね…
フリーで取られていないから良いんだ、って、思っちゃうんでしょうかね…???
ビデオ見れば、ダメって、すぐ分かりそうなものなのに、ね…
まあ、スロー見ると、フリップなのに、一瞬外側に重心行ってそうで、eでもいいくらいと、思ったりもしますし、樋口選手、癖でどうしようもないんであれば、気にして、修正しようとして、転倒失敗して、-4食らうよりは良い、とは、思いますけどね…
でも、こういったところが、こういう混戦では、差が生まれる要因になりますから、フィリップ、減点ではなく少なくとも1.00の加点貰うくらいでないとダメでしょう。

この辺は来シーズン、このオフでの課題ですかね…

って、そんな話、まだ早い。笑

トップとの差、4点ありませんから、フリー勝負、といいたいところですが、フリーでは、PCSのファクター、係数が、0.8から1.6になりますから、ジャッジ一人ひとりの採点の影響がショートの倍、になりますから、これ以上に、PCSで、離されてしまいますので、樋口選手は、TESのほう、失敗や取りこぼしのないのが、メダルへの大前提でしょう。

ただ、樋口選手に朗報です!笑
 

 
ご覧のように、樋口選手のフリーの滑走順、ソツコワの後です!
私が勝手に樋口選手がメダルを取るためには、PCSを上げること、そのためには、ソツコワの後なら、印象良くなって、PCS上がるかも、って予想しましたが、そのとおりのシチュエーションになりましたね。笑
 

さあ、舞台は整いました!
 

樋口選手のメダル、どうなりますか。笑

 
 

二人とも、フリーも頑張って!

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

December 8th, 2017 by gutsy | No Comments »